HOME > 酒蔵訪問 > 龍勢 藤井酒造(広島県)

龍勢 藤井酒造(広島県)

龍勢 藤井酒造の酒蔵訪問

竹鶴と同じく、広島県竹原市の美観地区に蔵はあります。江戸時代に建てられた蔵がまだ残っていて、時代劇のロケに使われることもしばしばだそうです。

ここで杜氏を勤めるのは、この蔵の次男、雅夫さん。彼は、以前この蔵に赴任されていた長崎杜氏の薫陶を受け、その技術を心構えをしっかりと受け継いでいます。

その上で、彼の人柄のそままの、穏やかで芯の強い味わいのお酒を造り上げています。山田錦、備前雄町や八反錦などのお米を使いながらも、どれも雅夫さんならではの味わいにされている技術は、若いながらたいしたもんだと思わずにはいられません。

しかし、現在は多くのファンを持つ彼のお酒ですが、長崎杜氏から受け継いだ当初から、このような高水準のお酒が出来ていたわけではありません。

彼は何も言いませんが、きっと辛い時期もあったことと思います。しかし、あるきっかけで、蒸米が大きく変わり、それからがらっとお酒が変わりました。それまでは、はっきり言って、到底、長崎杜氏のレベルには及ばない品質でしたが、蒸米が変わってからは、全く違う水準に到達してしまいました。

やはり上原先生の「一に蒸米、二に蒸米、三に蒸米」なんですね。改めて、蒸米の重要性を感じさせられました。

また、この蔵では「宝寿」と「龍勢」の2つの銘柄がありますが、「龍勢」は純米酒のみ。それも杜氏と蔵元さんが納得出来るものにしか貼られないラベルだそうです。それに出荷される酒販店も限られています。

というのも、この銘柄は、明治40年に開催された第一回全国清酒品評会で全国第1位を受賞した名誉ある銘柄だからです。藤井酒造が全国第1位を受賞したことを祝って、「軟水醸造法」を考えだした三浦仙三郎翁が名付けてくれた銘柄だからです。

上原先生、長崎杜氏の薫陶を受けて育った若き杜氏のお酒は、決して開けたてをグイグイと飲まないで下さい。じっくりと、ゆっくりと味が開いてきますので、是非、一週間前後かけて少しずつ、味の変化をお楽しみ下さい。

やはり上原スタイルの酒造りを学んだ杜氏の造るお酒は、どうしても時間がかかるようです。しかし、待てば待つだけ、そのおいしさも広がります。

龍勢 藤井酒造の純米酒はこちらでご購入できます。

このPage Topへ