HOME > 酒を造る人達 > 坂本杜氏(鷹勇・現顧問)

坂本杜氏(鷹勇・現顧問)

鷹勇で50年以上働き、昨年引退されて顧問という立場になられました。

「ぼくは山廃で育った杜氏だから」といって、しばらくの間、造られていなかった山廃造りのお酒を平成9BYから復活させ、我々飲み手の度肝を抜いてくれました。

それほど、ここの山廃の登場は衝撃的でした。

しかし、ここは山廃だけが凄いのではありません。

普通の純米、純米吟醸にしても、なぜこれほどの美酒が、それほど世間的にも名を知られていないのだろうと思ってしまうほど、全国的に見ても高水準の品質です。

全国的にお米が不作だった平成5年にも、他の蔵が軒並み品質を落としている中、鷹勇や他の当店で扱わせていただいているお酒は、全く例年通りの水準をお酒を造られていて、改めてその腕前の確かさに驚かされました。

坂本杜氏のお父様も、杜氏だったそうですが、最初はいやだった酒造りの仕事も50年以上経ち、数年前には黄綬褒章まで受賞されました。

が、坂本杜氏の目は、いつでも一般の飲み手を向いています。

お話をうかがっていると、言葉の端々に、実際に飲んでいる人達に向き合おうとされている姿勢が感じられ、より一層、坂本杜氏のファンになってしまうのです。

 

坂本杜氏のお酒はこちら

 

現在、坂本さんは杜氏を引退され、顧問という形ではありますが、当店オリジナルの「純米吟醸山田錦」は坂本杜氏自ら、蔵に出向いて仕込んでいただいたものです。

このPage Topへ