HOME > 酒を造る人達 > 藤井雅夫(龍勢)

藤井雅夫(龍勢)

彼も蔵元の次男として、造りの全責任を担っています。

おとなしい、控えめな性格ですが、芯の強いところが、そのままお酒の品質に投影されているような気がしています。

現在天穏に赴任されている長崎杜氏の薫陶を受け、長崎杜氏がこの蔵を離れてからは孤軍奮闘。

なかなか思うような酒質にならずに苦労していた時期もありましたが、そんな時期を乗り越えて、現在は多くのファンを持つ『龍勢』ブランドを造り上げています。

力強く爽やかで、かつのどごしが良い龍勢の様々なお酒は、どれも開けてからも時間がかかります。

というか、開けてすぐにでも、それなりに美味しく飲めますが、時間をかけていただくと、より一層味に深みが加わります。

長崎杜氏の、そして上原先生の技術と精神を受け継いだ雅夫君の毎年の造りだすお酒には、いつもながら大きな期待を持ってワクワクしながら、新酒の到着を待っているのです。

藤井杜氏のお酒はこちら

このPage Topへ