HOME > 酒を造る人達 > 加藤杜氏(睡龍)

加藤杜氏(睡龍)

元は全く違う分野から、自分が飲める酒を造りたいという気持ちで酒造業界に入り、数年で杜氏にまでなってしまいました。

大七の故伊藤杜氏の自宅にまででかけて生酛造りを教わり、生酛のお酒を造れる酒蔵を探して、辿り着いたのが、この久保本家酒造でした。

蔵元さんもまだ若く、銀行を辞めて蔵に戻ったばかり。ここでも車の両輪がちょうどうまく動き出しました。

自分が飲みたい酒を追求する杜氏と、その杜氏を存分に働かせている蔵元。

有名な『生酛のどぶ』は全くの偶然から生まれたお酒です。杜氏の

以前からの知り合いが蔵を訪問した時、まだ何も搾ったお酒がなかったので、もろみタンクからお酒をすくって、これをそのままお燗にして飲ませたのが始まりです。

これが思いのほかおいしかったので、生酛造りのにごり酒として市販されること になりました。

加藤杜氏のお酒はこちら

このPage Topへ