HOME > 酒を造る人達 > 松崎杜氏(日置桜)

松崎杜氏(日置桜)

いつ行っても、ひょうひょうと仕事をされていて、蔵元の陰にあってあまりおしゃべりもされませんが、彼の造りお酒は、どれも一本筋が通ったような味わいが通底しています。

米の旨味は充分に感じさせながらも、どのお酒にもキラキラとした透明感のようなものを感じるのです。

もちろん、これは蔵元の山根さんの出荷管理の腕もかなり関係しているのでしょうが、この二人あってこその日置桜。

さらに、ここ数年は、鳥取県中部の有機栽培で酒米を栽培されている農家さんのお米を使いだしましたが、これがまた凄い。とんでもないお米であり、とんでもないお酒です。

量が少ない上に、熟成に時間がかかるので、うちでもなかなか入荷しません。

できれば、もう少し、多めに造っていただけると有り難いのですが。

松崎杜氏のお酒はこちら

このPage Topへ