HOME > 私の純米酒ストーリー・蔵元編 > 私の純米酒ストーリー 鯉川酒造株式会社 佐藤一良

私の純米酒ストーリー 鯉川酒造株式会社 佐藤一良

 

失敗という言葉しか自分にはないように思える。この会社の社長になって18年、

ほんとに挫折ばっかりの経営を続けている。今も光を捜しながら頑張る今日この頃。

まだ、ワイン会社にいるころに神亀酒造㈱小川原さんに出会い、蔵元交流会に入ったことだけが純米酒ストーリーとして話せる部分だと思う。

その部分はご存知の方もいらっしゃるでしょうが、実際のところ、「神亀」とどういう出会いをして、自分が純米酒にのめり込んだのか、当時の状況も含めて、詳しく書きたいと思う。

まず最初に告白しなければならないが、22歳から8年間、私は純米酒を口にしなかった。それよりも日本酒を極力飲まないようにしたというのが正解だと思う。理由は売れも

しない、美味しくないワインを売らなければならず、好きな日本酒を飲んだら、売る気がなくなると本気で思った。スコッチウイスキーもバーボンもそうだった。

美味しいとは思わなかったが、「酒はスタイルで飲む」ものだと思っていた。輸入ビールもフランスのものを販売した。約6年間は国産ビールも飲まなかった。

なんで、そんなにしゃかりきになって営業していたのか?それは入社時の出来事がすべてだった。

大学で音楽ばかりの生活で、ろくに勉強もしていなかったので、内定が決まってからの試験でブービーだった。

俺より馬鹿がまだ一人いたことも凄いが、これではまずいと真剣に思った。ソムリエの試験に挑戦したのも、勉強しないと合格できない「むずかしさ」に憧れてであり、ワインを真剣に勉強するより頭が良いとアピールしたいだけだった。

そんな自分に純米酒を勧めてくれたのは、ワイン居酒屋の店長だった。仙台へ赴任して、一軒の飲み屋に通っていた。

その店は一番町の「グッドタイムチャーリー」、店長は私より一歳上の中込氏だった。

彼から「神亀」を初めて飲ませてもらった時、ひね味が気になり、美味しくなかった。

でも何故か気になっていた。彼は行くたびに「神亀」を燗で飲ませた。造り酒屋の倅であることがばれていたので(実は親父も仙台へ来ると、ここで黒ビールを飲んでいた)

何故「神亀」ばかり置いているのか聞いた。

「佐藤君ところは今、潰れないかもしれないけど神亀さんは今売らないとだめなんだ。応援しているんだ。」とのこと。(20年前の話)

その話を聞いてから飲むと、旨みが感じられるようになるのも不思議な話。そして私は神亀さんに会いに盛岡まで行き、ブルーチーズに純米の熱燗を飲ませていただき、純米酒に目覚めたのだと思う。

昔の話であり、今は優良企業の神亀さんに、吹けば飛ぶよな酒蔵の私ではあるが、あの人の酒が東北に来なかったら、私は大手卸に振り回されて、廃業していたと思う。

特に先代(父)が急死した平成5年。蔵元交流会で上原先生とゆっくり話をさせていただき、あとは皆さんご存知の流れです。

読み返すと恥ずかしいが、純米酒にのめり込んだきっかけは「神亀」。

この事実とは一生付き合うつもりなのだが、最近、彼のハードルがどんどん高くなるので、一体どうなることやら?(笑)乞うご期待!


 

 

このPage Topへ