HOME > お客様の声 > しっかりと熟成した時の睡龍の味わいは、一度知ってしまったら忘れられません。

しっかりと熟成した時の睡龍の味わいは、一度知ってしまったら忘れられません。

奈良の銘酒睡龍を初めて呑んだのは、池田屋酒店さんで奨められたからです。
生酛のお酒も、どぶも涼も、どれを呑んでも外れが無い。ただ、熟成に時間がかかるのが玉に傷ですね。しかし、しっかりと熟成した時の睡龍の味わいは、一度知ってしまったら忘れられません。それに、その熟成した睡龍をお燗にした時の旨さはまた格別です。そんな睡龍を教えてくれた池田屋酒店さんには、これからも名前ではなく、中身で勝負できるお酒を見つけてきてほしいですね。

(匿名希望さま)

このPage Topへ